Author Archive

繁盛する焼き鳥店とは

自分のお店を開くのなら、やっぱり繁盛させたいものですよね。儲かりすぎて忙しすぎくなりすぎてしまうのは困るかもしれませんが、先行きが不安定な自営業ですから、やっぱりほどほどには繁盛させ続けておきたいものです。では、繁盛する焼き鳥店とは、どんなお店だと思いますか。答えは簡単。店の大きさにかかわらず、居心地が良く、なおかつ焼き鳥がおいしいお店、それが繁盛する焼き鳥店です。当たり前のことじゃないかと思うかもしれませんが、この当たり前のことが、みなさん意外にできないもの。つい工事費の回収や経費削減に夢中になって掃除や内装をおろそかにしてしまったり、ひたすら安い仕入ればかりに熱中してしまったり、客を回すことに必死になってしまったり。その結果、固定客がつかなくなって店じまいになってしまう焼き鳥店は本当に多いのです。大切なのは、自分がお客の目線になって自分の店を見てみることです。自分が客としてこの店に入ってきたら、心地よく感じられるだろうか、客観的に見て美味しいと思える味、それに見合う値段だろうか、真剣に考えてみます。親しい人に歯に衣着せぬ評を求めるのもいいでしょう。いずれにせよ、第三者的な視線をきちんともてている店が、繁盛する焼き鳥店の共通点だといえます。

炭の種類

料理に室内の浄化にと、昨今、改めて注目を集めているのが炭です。木の燃えがらである炭は、木の種類と同じくらいたくさんの種類があって、それぞれ性質も異なることが知られています。もっとも基本的なのは、広葉樹でできた黒炭です。中温で仕上げられるものと、高温で仕上げられるものとがあります。広葉樹の中温炭は、柔らかく火が付きやすいので、燃料としてよく使われますが、飲み水を浄化するのには不向きだといわれています。酸性から弱アルカリ性の質をもっています。広葉樹の高温炭は、備長炭とも呼ばれ、燃料にされるほか、飲み水の浄化、炊飯の質をアップさせる、電磁波を遮断する、マイナスイオンを発生させるといった効果があります。針葉樹の炭にも、中温炭と高温炭があり、いずれも活性化炭素とも呼ばれます。針葉樹の中温炭は表面積が大きいため、湿気をすいとったり、断熱性に優れていることで有名です。針葉樹の高温炭は中温のそれと同じく、すぐれた吸湿効果、脱臭効果を発揮します。またマイナスイオン効果もありますが、燃料には不向きだといわれています。

焼き鳥店を開業するには

不況が続いていたり、災害が起こったりする中で、勤め人ではなく、独立開業する働き方を考え始める人が増えているといわれています。中でも飲食店、とりわけ居酒屋や焼き鳥店は、もっとも気軽に始められる自営業として、ひときわ高い人気を誇っているようです。焼き鳥は万人受けする食べ物であり、しかも晩のおかずにも酒の肴にもぴったり。おまけに難しい料理技術がなくても始めやすいのが魅力です。もし焼き鳥店を開業したいのであれば、開店を目標とする日付より半年から一年前には、その準備を始めましょう。まずは当然ながら、物件探しです。よい物件を見つけられればそれだけで、その焼き鳥店はほぼ成功したということができます。こまめに回って、立地や地代など、妥協しないよう選びましょう。開店三か月前には契約を済ませることを目標に。そのあとは、内装や外装の設計と工事に入ります。同時に、店舗名や看板を決めたり、メニューを作ったり具体的な準備にとりかかりましょう。開店一か月前にはできれば工事を終了させ、開店までの日々は本番さながらのシミュレーションを行うのがベストです。実際にその店で焼き鳥を焼いたり、アルバイト店員などにレジスター業務や接客の流れを教えたりします。

焼き鳥店の居抜き物件の探し方 

会社に縛られる生き方を捨て、独立開業を目指す人たちが増えているといわれている昨今。飲食店、特に焼き鳥店は、比較的素人でもチャレンジしやすいと人気が集まっているようです。しかしそうはいっても、商売ですから、適当に始めたのではうまくいくわけがありません。まずは良い立地の物件をしっかりと見つけることから、すべてが始まります。物件選びさえ成功すれば、焼き鳥店の営業だって成功したも同然になるのです。おすすめは、やはり居ぬき物件です。前の店舗の内装ごと譲り受けられる居ぬき物件なら、何もない状態でゼロから店を作り上げるより、ずっと経費をかけずに経営をスタートさせることができます。焼き鳥店の居ぬき物件は、飲食店.comなど、飲食店の物件ばかりを取りそろえたオンライン上の業者を利用するのがおすすめです。基本的に居ぬき物件は、退去届が出される前の物件なので、専門の業者にあたって探すのが確実になるのです。特に都内は、小さな居ぬき物件が山のようにあらわれては消えを繰り返しているので、できるだけ多くの情報をもっている大手のオンライン業者に登録して希望条件を伝えておくのがベストです。

焼き鳥店のメニュー  

焼き鳥店は、老若男女問わず人気の高い飲食店です。お酒のおつまみにぴったりであることは言うまでもなく、お酒が飲めない女性や子供が一緒にきても、おかず感覚で楽しむことができるのが、焼き鳥のいいところ。しかも一本百円程度からとリーズナブルなので、一度にいろいろな種類のものを味わうことができるのもうれしいですよね。だからこそ、焼き鳥店を開店する人は、メニューの設定には気を使いましょう。頑固にネギマとレバー、軟骨だけ! 塩はなし、タレだけ! などのこだわりと信念をもって経営するのももちろんいいのですが、より多くの人に楽しんでもらいたいと思っていたり、飲食店の経営が初めてなら、やはりなるべくたくさんのメニューを用意しておくのがおすすめです。基本となる、ネギマ、つくね、皮、軟骨、レバー、すなぎもは当然揃えておくとして、変わり種として、焼き豚串や手羽先焼きなどもあると面白いですね。またネギ以外の野菜(しいたけやアスパラ、ししとう、たまねぎなど)を挟んで焼いたものなどがあると、女性にもうけます。ほかにサイドメニューとして、簡単な小鉢もあるとさらにベスト。お浸しやキムチ、冷奴、サラダなど居酒屋の定番メニューをそろえましょう。

焼き鳥の仕込み 

焼き鳥なんて、ただ鶏肉を串にさして炭火で焼けばいいんでしょ? と思っていたら大間違い! 焼き鳥のあの独特のうまさは、確かに肉の質と炭火で焼くことに大きく因ってはいるのですが、それ以前の仕込みも関係ないわけではないのです。肉のうまさを逃さぬよう、かつ嫌な油っ気がとれやすくなるよう、しっかりと串うちできる腕がないと、やはり美味しい焼き鳥を作ることはできません。焼き鳥の仕込みはまず、部位別に肉を一口大に切ることから始まります。切る大きさは好みによりますが、小さければ食べやすく焼きやすく、大きければジューシーな仕上がりになりやすくなります。焼き加減に自信があるのなら、大き目の一口大に切るのがおすすめです。また部位によって火の通り加減が違うことにも注意しておきます。串をうつのは、身から皮に向かってです。手前にくるのは小さ目の身にして、全体に均一に火が通るようバランスを見ながら次々に肉を串刺しにしていきましょう。皮などは、適度のその裏の脂を取り除いておくことで、焼け焦げや酸化を防ぐことができます。

鶏肉の仕入れ方法 

 

 

飲食店の経営などで、鶏肉を仕入れたいのであれば、業務用の鶏肉おろし売り市場を活用するのがおすすめです。毎日大量の鶏肉を活用するのなら、業務用で大量に仕入れたほうが、断然お買い得になるからです。業務用の鶏肉おろし売り市場は、イエローページなどで探せば近隣の都市に一つか二つ、必ずあると思いますが、もしも見つからなくても、昨今ではオンラインからそのような市場を利用することができます。チキンバザールなどがその代表的な例です。洋服などを買うのと同じ感覚で、鶏肉を大量に注文、届けてもらうことができるので、忙しい人にはとっても便利。ただ、実物を自分の目で確認してから購入できないというデメリットもあります。また反対に、時間的に余裕がある、あるいは自分の目で納得してからでないと絶対に開拓ないという人は、築地などに出向くのがいいでしょう。新鮮な肉にたくさん出会えるうえ、とても安いのが魅力です。同業者もたくさん訪れていて刺激にもなります。そこまでの量ではないなら、現在全国に店舗数を増やし続けている業務用スーパーを利用しましょう。肉のハナマサや神戸物産、コストコなどがあります。

串焼きの技法 

串焼きは、ただ単に串に肉をさして焼けばいいというものではありません。肉の切り方から串へのさし方、そして火であぶるタイミングなど、すべて絶妙なバランスで行うことによって、初めて本当においしい串焼きが出来上がるのです。串焼きの技法は、素人が一人で習得できるような類のものではありません。焼き台や炭の火加減、また肉の質やタレの種類などによって逐一調整していくことが必須な串焼きの技法は、その道で長く働いている人あるいは研修制度が充実した大手フランチャイズ焼き鳥店などで修業しない限り、身につけることはまず難しいでしょう。ポイントとなるのは、均一に火が通るように肉の霧方を考えてバランスよく串に刺していくこと、そして火にかけたとき、肉の脂身が適度におちてなおかつぱさぱさ感や臭みがなくなるよう修身することです。一本の串にささった肉のすべてにまんべんなく火が通っているようにするのは言うまでもありませんが、それを意識しすぎるあまり、焼きすぎてぱさぱさになってしまう串焼きが、素人のものには多いといわれています。それを避けるためにも、研修で技法を学び盗んでおくことが大切になるのです。

おいしい鶏肉とは 

 

 

安価で、みんなが大好きなお肉といえばやっぱり鶏肉です。豚肉や牛肉とくらべるとヘルシーな素材でもある鶏肉は、ダイエットにもぴったり。毎日でも食卓に取り入れたいくらいです。だからこそ、買うときは慎重に、本当においしく安全な鶏肉を選びましょう。美味しい鶏肉とは、基本的に身がよくしまっていて、臭みはないけれど特有の風味があるものです。もちろん、人それぞれ好みはありますが、一般的に、身がゆるく歯ごたえにかけ、においの強いものは美味しい鶏肉とは言われないようです。おいしい鶏肉を選びたいならまず、鶏肉の商品説明を読み、その鶏がどんな餌を食べて育てられたのかをチェックしてみましょう。動物系のエサ、植物系のエサ、その違いによって鶏肉の味も変わってきます。昨今では、納豆を食べた鶏やハーブを食べた鶏などが、栄養価が高く臭みも少ないとして人気なようです。また飼養期間にも注目したいもの。飼養期間が長い鶏肉は、基本的に身が締まっていてコクがあるといわれています。さらに放し飼いにしてあると、筋肉質でかみごたえがあり、良いだしがでる鶏肉になるといわれています。