焼き鳥店を開業するには

不況が続いていたり、災害が起こったりする中で、勤め人ではなく、独立開業する働き方を考え始める人が増えているといわれています。中でも飲食店、とりわけ居酒屋や焼き鳥店は、もっとも気軽に始められる自営業として、ひときわ高い人気を誇っているようです。焼き鳥は万人受けする食べ物であり、しかも晩のおかずにも酒の肴にもぴったり。おまけに難しい料理技術がなくても始めやすいのが魅力です。もし焼き鳥店を開業したいのであれば、開店を目標とする日付より半年から一年前には、その準備を始めましょう。まずは当然ながら、物件探しです。よい物件を見つけられればそれだけで、その焼き鳥店はほぼ成功したということができます。こまめに回って、立地や地代など、妥協しないよう選びましょう。開店三か月前には契約を済ませることを目標に。そのあとは、内装や外装の設計と工事に入ります。同時に、店舗名や看板を決めたり、メニューを作ったり具体的な準備にとりかかりましょう。開店一か月前にはできれば工事を終了させ、開店までの日々は本番さながらのシミュレーションを行うのがベストです。実際にその店で焼き鳥を焼いたり、アルバイト店員などにレジスター業務や接客の流れを教えたりします。

Comments are closed.